サッカー五輪年代で南米選手権へ

協会が強化策として検討

 日本サッカー協会が2020年東京五輪への強化策として、森保一監督が率いる五輪年代の男子日本代表を19年南米選手権へ派遣する方向で検討していることが14日、関係者の話で分かった。今後はJリーグ各クラブにチーム編成の協力を要請し、実現を目指す。

 19年の南米選手権はブラジルで開催される。日本は招待国での出場を打診されており、南米連盟は五輪年代での参加を了承しているという。

 原則23歳以下で争われる東京五輪の男子日本代表はアジア予選を免除されるため、出場できれば高いレベルでの実戦機会を得られる。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。