日本での「報道の自由」各国懸念

国連人権理事会の審査

©一般社団法人共同通信社

国連人権理事会の対日人権審査で発言する岡村善文政府代表=14日、ジュネーブ(共同)

 【ジュネーブ共同】国連人権理事会は14日、約5年ぶりに日本の人権状況を審査する作業部会を開いた。特定秘密保護法などで萎縮していると指摘される「報道の自由」の現状に懸念を示す意見が相次ぎ、米国やオーストリアの代表は政府が放送局に電波停止を命じる根拠となる放送法4条の改正を求めた。韓国は従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意について合意の過程を検証していると述べ、中国は元慰安婦への誠意ある謝罪と補償を求めた。ベルギー、カタール、トーゴが勧告をまとめ16日に出す。

 報道の自由に関してはブラジルやベラルーシも特定秘密保護法に懸念を示した。

あなたにおすすめ