銀箔挟んだ7連ガラス玉と判明

大阪、シルクロード経由か

廿山南古墳で出土した7連の重層ガラス玉。右はエックス線写真(大阪府富田林市教委提供)

 大阪府富田林市の廿山南古墳(6世紀前半)で出土した重層ガラス玉に挟まれた金属片は、銀箔だったことが確定し、同市教育委員会が14日発表した。

 ガラスは植物灰タイプのソーダ石灰ガラスであることが新たに判明。西アジアから中央アジア地域で作られ、シルクロードを通じて持ち込まれた可能性が高いという。

 重層ガラス玉は細いガラス管に、装飾効果を高めるために金属箔を貼り付け、太いガラス管をかぶせて加熱。両管を密着させてくびれ部分を作って連珠にし、必要に応じ切断して利用する。高度な技術が必要で、当時国内では作れなかった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。