三重・新名神で衝突、3人死亡

1人軽傷、トンネルで3台絡む

 15日午前6時半ごろ、三重県亀山市安坂山町の新名神高速道路下り線のトンネルで、大型トラックと軽乗用車など計3台が絡む事故があり、軽乗用車に乗っていたいずれも10~20代の男性3人が死亡した。

 県警高速隊によると、現場は片側3車線の直線。一番左の車線で大型トラックと軽乗用車が衝突。軽乗用車が横転し、追い越し車線上で後続の乗用車とも衝突した。

 大型トラックと乗用車には1人ずつ乗っており、けがはなかったとしていたが、乗用車の助手席の女性が軽傷を負ったことが分かった。

 軽乗用車は大阪ナンバーで、高速隊が3人の身元や事故の詳しい状況を調べている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る