遺体発見通報者の男逮捕、岐阜

口座開設容疑で

 岐阜県中津川市の廃屋で昨年11月、白骨化した男性の遺体が見つかった事件があり、県警は15日、男性の名義で不正に口座を開設したとして、詐欺の疑いで遺体を発見したと通報した男(50)=別の罪で服役中=を逮捕した。

 捜査関係者によると、2人は自殺サイトを通じて知り合った可能性がある。県警は、男性が死亡した経緯や男との関係について調べている。

 逮捕容疑は、男性の名義をかたって銀行から通帳などをだまし取った疑い。

 昨年11月9日、男が「約1年前に死体らしきものを見た」と中津川市内の交番に届け出て、中津川署員が男性の白骨遺体を発見した。死後1年以上が経過していた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。