野球、日体大37年ぶり2度目V

明治神宮大会・大学の部

星槎道都大を破って37年ぶり2度目の優勝を果たし、喜ぶ日体大ナイン=神宮

 第48回明治神宮野球大会最終日は15日、神宮球場で大学の部決勝が行われ、日体大(関東1)が星槎道都大(北海道)を3―0で下し、1980年以来37年ぶり2度目の優勝を果たした。首都大学リーグ勢の優勝は6度目。

 日体大は五回に船山が先制2ランを放ち、六回には重盗で1点を追加。右腕の東妻が安定した投球で2安打完封した。星槎道都大は北海道勢初の優勝を逃した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。