ジーター氏が大谷二刀流に言及

「できないことはない」

報道陣の取材に応じるマーリンズのデレク・ジーターCEO=15日、オーランド(共同)

 【オーランド(米フロリダ州)共同】米大リーグ、ヤンキースの元主将でマーリンズの最高経営責任者(CEO)に就任したデレク・ジーター氏が15日、ポスティングシステムによるメジャー挑戦を表明したプロ野球日本ハム・大谷翔平選手の投打の二刀流に「才能ある選手ならできないことはない」と言及した。フロリダ州オーランドで行われたオーナー会議前、報道陣に対応した。

 大谷ではカージナルスなどでメジャー通算13勝、同76本塁打を記録したリック・アンキールを連想したという。ただ、シーズンを通しての二刀流での活躍となると「難しくはある」とも話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。