「インフラ攻撃への備え重要」

米セキュリティーソフトのCEO

インタビューに答えるマカフィーのクリストファー・ヤングCEO

 米セキュリティーソフト大手、マカフィーのクリストファー・ヤング最高経営責任者(CEO)が16日までに共同通信のインタビューに応じた。サイバー攻撃について「情報を盗むよりも、インフラを破壊しようとする動きにシフトしている」と述べ、電力や医療など「重要インフラ」の防御がますます重要になるとの認識を示した。

 日本でのビジネスについては、法人向けに力を入れており「国としては2番目に大きな市場だ」と説明した。一般消費者向けでは「IoT(モノのインターネット)」のセキュリティーの分野でも展開していく考えを示した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。