州知事候補「50人と性的関係」

米、告白に批判集中

 【ニューヨーク共同】米中西部オハイオ州の知事選に立候補しているウィリアム・オニール州最高裁判事(民主党)は17日、フェイスブックで「50年間で約50人のとても魅力的な女性と性的関係を持った」と公表した。

 米国でセクハラを告発するマスコミの過熱報道ぶりに不満を持ち、標的とされる前に自ら告白したとしているが、「不適切だ」と批判が集中している。

 オニール氏はフェイスブックで「数十年前の軽率な性的行為に関する報道合戦についてとても失望している」とマスコミを批判。「初恋の人だった魅力的な金髪の女性と情熱的な性行為をした」などと告白した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers