「ポケットヘラクレス」死去

重量挙げのスレイマノグル氏

1996年アトランタ五輪で147.5キロのバーベルを挙げるネイム・スレイマノグル選手(AP=共同)

 【イスタンブール共同】重量挙げ男子で1988年ソウル五輪から3大会連続で金メダルを獲得したネイム・スレイマノグル氏(トルコ)がイスタンブールの病院で死去した。50歳だった。18日、ロイター通信が伝えた。死因は不明。報道によると最近、肝臓移植手術を受けていた。

 スレイマノグル氏は身長150センチほどの小柄な体格で、体重の3倍ものバーベルを持ち上げる姿から「ポケットヘラクレス」と呼ばれ、人気を博した。ブルガリア出身で、共産主義政権時代にトルコ系住民が民族弾圧を受けたことから、86年にトルコに亡命した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。