イタリアの予選敗退、コンテ監督はどう思う?

©株式会社コリー

W杯予選プレーオフで敗退したイタリア代表は、先日ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任することを決断した。

その後任として名前が上がっている指導者の一人が、チェルシーを率いているアントニオ・コンテ監督だ。

2016年のEUROまで率いていたイタリア代表への復帰という噂が流れる中、コンテ監督は彼らについて以下のように話したという。『ESPN』が伝えている。

アントニオ・コンテ 「私の感覚は、イタリアのあらゆる人々と同じだ。まず、とても悲しい。60年の時を経て迎えた大きな挫折であり、ワールドカップを失った。

イタリアにおいてのフットボールの重要性は、誰もがよく知っていることだろう。

フットボールは全ての人々にとって最も関心があるものだ。しかし思うに、誰もがともに正しい解決方法を探そうとしなければならない。なぜなら、イタリアのあらゆる部門に責任があるからだ。

誰か一人、二人、あるいは三人に責任があるわけではない。私の失敗であり、メディアの失敗であり、イタリア全体の失敗だ。

我々にとってはとても悲しい瞬間だ。しかし、我々はこれを反発力に変えなければならない。そして、正しい解決方法を導く。言葉だけではなく、実体としてだ」

(イタリアに戻るという話もあるが?)

「今、私はチェルシーにベストを尽くすことだけに集中している。このチームにいい基盤を作ろうとしているよ」