エズラ・ミラー:来日した「ジャスティス・リーグ」フラッシュ役 あふれるハガレン愛「興奮してるぜ!」

©株式会社MANTAN

映画「ジャスティス・リーグ」のジャパンプレミアに登場したエズラ・ミラーさん

 バットマンなどの“アメコミ”界のスーパーヒーローが集結するアクション映画「ジャスティス・リーグ」(ザック・スナイダー監督、23日公開)のジャパンプレミアが20日、東京都内で開催された。来日した“世界最速の男”フラッシュ役のエズラ・ミラーさんと、“人間デジタルデバイス”サイボーグ役のレイ・フィッシャーさんらが出席した。

 「鋼の錬金術師」のコスプレをするほど日本のアニメが大好きというミラーさんは、好きなアニメを聞かれ、「『もののけ姫』かな。(実写映画の)『鋼の錬金術師』が公開すると聞いて興奮しているぜ! (配給が)同じワーナー・ブラザースの映画だから言えた」とちゃめっ気たっぷりに答えた。また、「来日してやりたいこと」を聞かれたミラーさんは、「(フィッシャーさんと)ゲーセン(ゲームセンター)に行って、(格闘ゲームの)ストリートファイターで勝負をしようと思っている」と楽しそうに語った。

 イベントには、プロデューサーのチャールズ・ローブンさん、お笑いトリオ「パンサー」米大リーグ・ドジャースの前田健太投手も出席。パンサーの向井慧さんはワンダーウーマン、菅良太郎さんはアクアマン、尾形貴弘さんはバットマンのコスプレをして登場。向井さんが、ミラーさんとフィッシャーさんにそれぞれのポーズを決めてもらえるようお願いすると、ミラーさんらが快諾して、5人で“ヒーローポーズ”をする一幕もあった。

 ジャパンプレミアの前に開かれたレッドカーペットイベントには、叶姉妹、JOYさん、谷まりあさん、ぺえさん、AYAさん、菅谷哲也さん、宮城大樹さん、日本語吹き替え版でバットマン役を担当している声優の小原雅人さんらが歩き、集まった観客にファンサービスを行った。

 映画は、2016年に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の後の世界が舞台。スーパーマンの死により地球の安全は守られたが、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた。そんな中、表の顔は大富豪でプレーボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマンと、人類に失望してその身を隠し、たった1人で生きてきたワンダーウーマンの2人は、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し、究極のチーム「ジャスティス・リーグ」を結成する……というストーリー。

あなたにおすすめ