NY原油反発、56ドル台

協調減産延長に期待

 【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク原油先物相場は反発し、指標の米国産標準油種(WTI)の1月渡しが前日比0.41ドル高の1バレル=56.83ドルで取引を終えた。

 今月末の石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国との閣僚会合で原油の協調減産延長が決まるとの期待から買い注文が優勢となった。ただ、米原油の生産増加への警戒感が重しとなり、相場は伸び悩んだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。