《元町・中華街》なつかしくて新しい! シルバニアファミリーとドールハウス展、21日(火)に開幕

©株式会社産業経済新聞社

クリスマスの装いのシルバニアファミリーの街

 小さくてかわいいウサギの一家と一家を取り巻くリスやネコなどのお友達の人形たち―シルバニアファミリーと幼い頃、遊んだ覚えがある読者は多いのではないでしょうか。

 誕生から32年、世界60カ国以上に広がり、子供だけでなく大人にも愛されてきたシルバニアファミリーの世界を紹介する展覧会が21日(火)、横浜人形の家(横浜市中区)で開幕しました。

 昨年の展覧会では、主に歴代のシルバニアファミリーが展示されましたが、意外なことに、子供だけでなく、20~30代女性の来館者も多く、熱心に見学していたそうです。

そこで、今回は、子供の“ごっこ遊び”でなく、より大人たちが楽しめるようドールハウスに焦点を当てたとのこと。既存のシルバニアファミリーハウスに、ドールハウス作家らがアレンジを加え、ひと味違う世界となっています。

クリスマスはもうすぐ。雪がうっすらと積もっている街
ドールハウス作家 工藤和代さんの作品。レトロ調のハウスになっています
赤い屋根、年代を感じる家に仕上がっています

 また、会場には、小物などが自分で作れるように作り方の説明も。入り口には、シルバニアファミリー2018年用カレンダーの撮影時に作ったジオラマの一部も飾られています。

 土橋桂子館長は「小物など自分で作り、自分の世界観を作ってみると大人の楽しさがあると思います。また、人形たちの環境はその時代を反映して変化してきています。たとえば、ウサギのお姉さんは、ファッションデザイナーやメーキャップアーチストなどキャリアウーマンの設定になっています。展覧会では、懐かしさを感じながら見学されると思いますが、見終わったあとは、新しさも感じてもらえるものと思います」と話してくれました。

 だんだんと寒さが厳しくなってきました。シルバニアファミリーのみんなに会って、ほっこり温かい気分になってみませんか。

シルバニアファミリー×ドールハウス展

開催場所:横浜人形の家(横浜市中区山下町18)

開催期間:2017年11月21日(火)~2018年1月28日(日)

月曜休館、年末年始は12月29日~1月1日休館

開催時間:9時30分~17時(最終入館は16時30分)