記事の有効期限を設定する

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

記事を公開状態にしておく期限を設定します。

1. CMSのトップページで、左ペインにある「Content Owner Units」の一覧から任意のユニットを押します。

2. 当該ユニットのページが表示されるので、左ペインのメニューから「Settings」を押します。

3. ユニットの設定を行うページが表示されるので、「General」タブの「Media profile」欄にある「Default Expiry Date」項目で、記事を公開何日後に非公開にするかを指定します。期限を設けない場合は、「No Expiry Date」のラジオボタンを押します。

4. ページ下端の「Save」ボタンを押します。

【重要】有効期限の初期状態について
記事の有効期限は、初期状態で「初回公開日から90日後に公開終了」となっています。このページの操作によって設定した有効期限は、その後に公開した記事に対してのみ適用され、設定変更以前に公開した記事に対しては適用されません。

この設定にかかわらず、「記事を非公開にする」や「記事を削除する」の操作で記事を個別に非公開にしたり削除したりできます。