メディア・プロフィールを設定する(キュレーター)

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

メディアとしてのプロフィールを設定します。

ここで設定した情報は、コンテンツホルダーとキュレーターの間の連携やコミュニケーション(記事の作成依頼や記事の紹介依頼)をスムーズに行うために使われるほか、キュレートした記事ページのフッタ部「Curated by」(キュレーテッド・バイ)に表示され、自メディアへの誘導にも活用できます。

「Curated by」について

キュレートした記事ページのフッタ部に、以下のように(この例では「米中トピックス」)表示されます。

ユニット名とあわせて、下記手順の3.で「Unit logo」のSquareに指定した画像が円形トリミングして表示され、その画像には「Websites」に入力したURL(「Websites」に入力がない場合は「SNS accounts」)の一番上のものが埋め込まれるので、読者を自サイトに戻すことも可能です。
なお、キュレートする際にアノテーションを付与していた場合は、アノテーションもあわせてこのフッタ部に表示されます。

1. CMSのトップページで、左ペインにある「Curator Units」の一覧から任意のユニットを押します。

2. 当該ユニットのページが表示されるので、左ペインのメニューから「Settings」を押します。

3. ユニットの設定を行うページが表示されるので、「Unit nickname」と「Media profile」欄を記入します。

  • Unit nickname
    キュレーター・ユニット名とは別に、内部関係者向けの別名を追加設定できます。
    ユニット名は対外的に公開されてメディア名として認知されてしまうため、たとえば共同通信社以外のメディアが「共同通信社の速報記事をキュレートするユニット」に「共同速報」などと命名するのは適切ではありません。そこで、ユニット名にはキュレーションを実際に公開する自社ウェブサイト名やアプリ名を入れておきつつ、この「Unit nickname」に「共同速報」などと入れておきます。
  • Unit logo
    nor.のサービス内で使用されるキュレーターとしてのロゴ画像を設定します。「Rectangle」および「Square」の領域をそれぞれクリックして画像を選択するか、この領域に画像をドラッグして画像をアップロードします。
    ※Rectangleは幅400×高さ60ピクセル、Squareは幅600×高さ600ピクセルの画像をアップロードしてください。幅と高さのいずれかまたは両方がこのサイズよりも小さいまたは大きい場合は、エラーとなります。
    ※Squareは冒頭に記載の通り「Curated by」で使用されます。キュレーターとして読者のブランド認知を高めるため周辺の余白が極力少ない画像を設定してください。
  • Websites
    このユニットでキュレーション活動を行うウェブサイトのURLを入力します。複数ある場合は「Add」ボタンを押して入力欄を増やします。
    アプリでのサービス展開を行っている場合は、アプリの紹介ページのURLでも結構です。
  • SNS accounts
    このユニットでキュレーション活動を行うSNSアカウントのユーザー名などを入力します。
  • Description
    メディア、キュレーターとしてのコンセプト、切り口や主な読者層、閲覧規模などコンテンツホルダーに訴求するための説明文を記入します。

4. ページ下端の「Save」ボタンを押します。

続けて、以下の二つの設定も行います。