メディア・プロフィールを設定する(キュレーター)

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

メディアとしてのプロフィールを設定します。

ここで設定した情報は自メディアへの誘導にも活用できるほか、コンテンツホルダーとキュレーターの間の連携やコミュニケーション(記事の作成依頼や記事の紹介依頼)をスムーズに行うために使われます。

1. CMSのトップページで、左枠にある「キュレーター・ユニット」の一覧から任意のユニットを押します。

2. 当該ユニットのページが表示されるので、左枠のメニューから「設定」を押します。

3. ユニットの設定を行うページが表示されるので、「メディア・プロフィール」欄を記入します。

  • 「ヘッダー画像」「ユニット画像」「ユニットカラー」の設定をしておくと、キュレーション一覧ページ(キュレーター・ユニット「ザすんとうポスト」の例 )で表示され、キュレートした記事ページのフッタ部「Curated by」でも以下のように表示されます。
  • 「タブ設定」では、キュレーションに付与したタグを、キュレーション一覧ページや「Curated by」でタブ切り替えのナビゲーションとして活用できます。
  • 「ウェブサイト」「SNSアカウント」の設定をしておくと、「Curated by」などに自メディアへの誘導リンクを埋め込めます。
  • 「紹介文」は、メディア、キュレーターとしてのコンセプト、切り口や主な読者層、閲覧規模などコンテンツホルダーに訴求して収益をあげていく重要なアピールとなるので必ず記入してください。

4. ページ下端の「保存」ボタンを押します。

続けて、以下の二つの設定も行います。

💡「ユニット名メモ」について

キュレーター・ユニット名とは別に、内部関係者向けの別名を追加設定できます。

ユニット名は対外的に公開され、メディア名として認知されます。このため、たとえば共同通信社以外のメディアが「共同通信社の速報記事をキュレートするユニット」に対して「共同速報」などと命名するのは適切ではありません。

そこで、ユニット名にはキュレーションを実際に公開する自身のメディア名を入れておきつつ、この「ユニット名メモ」に「共同速報」などと入れておきます。