キュレーションのTwitter投稿を設定する

©ノアドット株式会社

兼子春菜

ノアドット株式会社

兼子春菜

ノアドット株式会社

1992年生まれ。2017年3月より、ノアドット株式会社所属。テレビドラマ鑑賞が趣味です。

兼子春菜の記事一覧を見る

ユニットをTwitterアカウントと連携し、作成したキュレーションを自動投稿します。

1. CMSのトップページで、左ペインにある「Curator Units」の一覧から任意のユニットを押します。

2. 当該ユニットのページが表示されるので、左ペインのメニューから「Settings」を押します。

3. ユニットの設定を行うページが表示されるので、「Connect SNS accounts」欄のTwitterのスイッチをオンにします。

4. Twitterによる認証ページがウィンドウで表示されるので、内容を確認して連携を許諾します。

nor. CMSを表示しているブラウザでログイン中のTwitterアカウントの認証ページが自動的に表示されるため、もし別のTwitterアカウントとの連携をしたい場合はTwitterサービスでアカウントの切り替えを行ったうえで上記手順で操作します。

5. ページ下端の「Save」ボタンを押します。

自動投稿の制限について

  • この設定を行っている場合でも、API経由で作成されたキュレーションについてはTwitterには投稿されません。これは、短時間での大量のツイートがスパムとして排除される可能性があるためです。
  • 同様の理由で、CMSで作成されたキュレーションについても、「Your Drafts」にあるキュレーション候補をすべて一度に公開した場合については、一番上のキュレーションのみをTwitterに自動投稿します。
  • Twitterに投稿されたキュレーションについて、CMSでキュレーションの更新や削除を行っても、ツイートには反映されません。

関連記事