鬼塚2位、国武は4位

スノボW杯ビッグエア

女子で2位に入った鬼塚雅=北京(共同)

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は25日、北京でビッグエアの決勝が行われ、女子の鬼塚雅(星野リゾート)が2回合計155.75点で2位に入った。2015年世界選手権のスロープスタイルで優勝した実績を持つ鬼塚は、W杯では3度目の表彰台となった。アンナ・ガサー(オーストリア)が175.50点で開幕2連勝し、通算7勝目を挙げた。

 男子の国武大晃(STANCER)は合計135.00点で4位。マーク・マクモリス(カナダ)が187.00点で今季初優勝し、通算勝利数を4とした。(共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。