フェイスブック、AIを活用

書き込み調べ自殺予防

 【ニューヨーク共同】交流サイト(SNS)大手の米フェイスブックは27日、自殺をほのめかす投稿や動画を人工知能(AI)で抽出し、利用者の自殺を予防する取り組みを、欧州連合(EU)を除く各地で展開すると発表した。米国で試験実施し、効果があると判断した。

 フェイスブックの専門家らで構成するチームにAIが通知し、利用者本人やその友人に電話相談の利用などを提案する。緊急性が高い場合と判断した場合、当局に連絡することもある。

 日本では、神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかる事件が発生。大半がツイッターなどSNS上で自殺願望の書き込みをした女性らだった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。