サイバー攻撃で中国人3人を起訴

米、企業情報盗んだ罪

 【ニューヨーク共同】米連邦大陪審は2011~17年に複数の米企業などにサイバー攻撃をして社内情報を盗んだとして、中国広東省広州市のサイバーセキュリティー会社に関係する中国人3人を、身柄を拘束しないまま起訴した。米司法当局が27日、発表した。

 ロイター通信によると司法当局は、中国政府は関与しておらず3被告の個人的な犯行だったとみているが、サイバー問題を巡る米中の緊張が高まる可能性もありそうだ。起訴は9月13日付。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers