朴前大統領の公判「欠席裁判」に

勾留延長に反発、出廷拒否か

韓国の前大統領、朴槿恵被告(聯合=共同)

 【ソウル共同】巨額の収賄罪などに問われた韓国の前大統領、朴槿恵被告は28日、ソウル中央地裁で開かれた公判に、前日に続き健康上の理由で出廷せず、地裁は被告人欠席のまま公判を進めると決めた。聯合ニュースが伝えた。朴前大統領は、地裁が10月に最長6カ月の勾留延長を認めたことに反発し、出廷を拒否したとみられる。

 地裁は28日、朴前大統領が収監されているソウル拘置所の報告に基づき「動けないほど患うなど、(出廷しない)正当な理由があるとみるのは困難」とした上で「審理すべきことは多く、これ以上、公判期日を遅らせることはできない」と説明した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers