高尾がトータル286キロ

重量挙げの世界選手権が開幕

女子48キロ級B組 柳田瑞季のスナッチ=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】重量挙げの世界選手権は28日、米アナハイムで開幕し、男子62キロ級で昨年のリオデジャネイロ五輪代表の高尾宏明(自衛隊)はエントリー重量下位のB組でスナッチ126キロ、ジャーク160キロのトータル286キロをマークした。

 女子48キロ級のB組では柳田瑞季(九州国際大職)がスナッチ74キロ、ジャーク95キロのトータル169キロ、高橋いぶき(金沢学院大)はスナッチ72キロ、ジャーク90キロでトータル162キロだった。

 両種目とも29日(日本時間30日)に上位のA組の試技を実施して順位が決まる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS