「セクハラで休職」提訴へ

奈良女子大の女性教員

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 奈良女子大文学部の50代の男性教授からセクハラ行為などを繰り返されて適応障害を発症し、休職を余儀なくされたとして、学内の30代の女性教員が男性教授に慰謝料など計770万円の損害賠償を求めて30日に京都地裁へ提訴することが29日、分かった。

 男性教授に対しては、大学側が11月、内部調査を経てハラスメント行為があったと認定し、厳重注意に相当する訓告としたという。

 訴状などによると、女性教員は2015年9月、静岡県内での屋外実習に参加した際、宿泊先のビジネスホテルで男性教授に性的関係を迫られるなどしたといい、大学内などで性的な発言を繰り返されたとしている。

あなたにおすすめ

Curated by

papers