三菱マテリアル、不動産賃貸子会社を米社に譲渡

©株式会社鉄鋼新聞社

 三菱マテリアルは29日、連結子会社で不動産賃貸事業などを行う三菱マテリアル不動産(不動産社)の全株式を、米国の投資会社フォートレス・インベストメント・グループ傘下のフォートレス・バリュー・プロパティーズ・ホールディングス合同会社に譲渡すると発表した。

 中期経営戦略(17~19年度)の達成と不動産社の今後の発展のため、高い不動産運用ノウハウを有するフォートレス社に譲渡することが最善と判断した。なお、同譲渡に先立ち、同社の不動産事業の一部(固定資産19億3800万円)を会社分割の方法により、不動産社に承継させる再編を実施する。株式譲渡は来年2月28日に実行する。

 同社は、中期経営戦略において、全社方針の一つである「事業ポートフォリオの最適化」に基づき、事業の選択と集中を推進し、資本効率の改善を図ることとしている。

 不動産社は、1986年に設立。17年3月期の売上高は34億9700万円、経常利益11億9700万円、純利益2億6100万円。