世界重量挙げ、糸数が銀メダル

日本男子のメダル獲得36年ぶり

男子62キロ級 トータル299キロで銀メダルを獲得した糸数陽一=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】重量挙げの世界選手権第2日は29日、米アナハイムで行われ、男子62キロ級で昨年のリオデジャネイロ五輪4位で26歳の糸数陽一(警視庁)がスナッチ134キロ、ジャーク165キロのトータル299キロで銀メダルに輝いた。日本協会によると、日本の男子選手が世界選手権でメダルを獲得するのは1981年以来、36年ぶり。

 28日のB組で競技を終えていた高尾宏明(自衛隊)は8位が決まった。女子48キロ級では28日のB組で競技を行った柳田瑞季(九州国際大職)が10位、高橋いぶき(金沢学院大)が14位となった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

SPAIA

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。