在特会への賠償命令確定、最高裁

在日コリアンに差別的発言

 インターネット上の人種差別的な発言で精神的苦痛を受けたとして、在日コリアンのフリージャーナリスト李信恵さん(46)が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と、代表を務めていた男性に計550万円の損害賠償を求めた訴訟は、計77万円の賠償を命じた二審判決が確定した。最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)が29日付で在特会側の上告を受理しない決定をした。

 確定判決によると、在特会側は2013~14年、街宣やネット番組、短文投稿サイト「ツイッター」で李さんに対する侮辱的な発言を繰り返した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。