バド、女子は山口茜らが8強入り

全日本総合選手権第3日

女子シングルスで準々決勝進出を決めた山口茜=駒沢体育館

 バドミントンの全日本総合選手権第3日は30日、東京・駒沢体育館で各種目の2回戦が行われ、女子シングルス世界ランキング2位の山口茜や大堀彩らが勝ち、準々決勝へ進んだ。

 男子シングルスの桃田賢斗も8強入り。青森・浪岡高1年の奈良岡功大は五十嵐優に屈した。

 女子ダブルスでは、8月の世界選手権準優勝の福島由紀、広田彩花組が志田千陽、松山奈未組を2―0で退けた。リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組も順当勝ちした。

 男子ダブルスで世界ジュニア選手権優勝の金子真大、久保田友之祐組は保木卓朗、小林優吾組に敗れた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

SPAIA

SPAIA