北朝鮮、平昌五輪出場意思示さず

フィギュアで枠獲得

北朝鮮のリョム・テオク(手前)、キム・ジュシク組(ゲッティ=共同)

 【平昌共同】北朝鮮が2018年平昌冬季五輪の出場枠を獲得したフィギュアスケートのペアについて、国際スケート連盟(ISU)に対し期限までに出場の意思を示さなかったと1日、韓国の東亜日報が報じた。米NBCスポーツ(電子版)は期限が10月末だったとし、繰り上がりで日本に出場枠が与えられる可能性があるとしている。

 IOCは北朝鮮にワイルドカード(推薦枠)を与えることも検討しており、出場の可能性は残されている。

 9月の五輪予選を兼ねた大会で北朝鮮のリョム・テオク、キム・ジュシク組は残り5の出場枠争いで3番手に入り、平昌五輪で全競技を通じて初めて出場枠を手にした。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

SPAIA

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。