維新・足立氏が謝罪

衆院文科委「犯罪者」発言

 国会で自民、立憲民主、希望3党の議員を「犯罪者」などと呼んだ日本維新の会の足立康史衆院議員が1日、衆院文部科学委員会の理事会に出向き、謝罪した。

 足立氏は「私の発言中、議員の名誉を傷つけるような不適切な部分があったことは極めて遺憾で、深くおわび申し上げる。今後は二度とこのようなことがないように十分注意する」との謝罪文を提出。その後の文科委員会でも、冨岡勉委員長が謝罪文を代読した。

 足立氏は11月15日の衆院文科委員会で、自民の石破茂元幹事長、立憲民主の福山哲郎幹事長、希望の玉木雄一郎代表を名指しし「犯罪者だ」などと非難した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。