スノボW杯ビッグエアで鬼塚2位

男子でも大久保が2位

スノーボードW杯ビッグエア、女子で2位に入った鬼塚雅=2日、ドイツのメンヘングラッドバッハ(ゲッティ=共同)

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は2日、ドイツのメンヘングラッドバッハでビッグエアが行われ、女子で19歳の鬼塚雅(星野リゾート)が合計172.50点、男子では17歳の大久保勇利(ムラサキスポーツ)が合計168.50点で、それぞれ2位に入った。鬼塚は11月25日に続いて今季3度目で通算4度目、大久保は初めてW杯の表彰台に立った。

 女子の藤森由香(アルビレックス新潟)は4位。女子はカーラ・ソマイニ(スイス)が初優勝し、男子はマルクス・クレベラン(ノルウェー)が通算3勝目を挙げた。(共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。