米科学賞に森和俊京都大教授

賞金3億4千万円

 米グーグルやフェイスブックの創業者らが出資する財団は4日までに、優れた科学研究に贈る「ブレークスルー賞」の生命科学分野に、森和俊京都大教授(59)を選んだと発表した。賞金は300万ドル(約3億4千万円)でノーベル賞の約3倍となる。

 森教授は、病気の原因にもなる細胞内の異常なタンパク質を細胞内小器官の小胞体が見つけて修復する仕組みを解明した。

 ブレークスルー賞の日本人受賞者には、いずれもノーベル賞を受賞した山中伸弥氏や大隅良典氏、梶田隆章氏がいる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。