水俣病原告、新潟市長に謝罪要請

市が上告せずに「ほっとした」

 新潟水俣病の認定申請を棄却された新潟市の男女9人を患者として認定するよう命じた控訴審判決を巡り、原告と弁護団が5日、新潟市で記者会見し、上告しないとの市の決定に「ほっとした」などと話した。篠田昭市長と近く面会し、謝罪の言葉を求める意向も明らかにした。

 原告の女性は「裁判で何度も挫折しそうになったが、何とかやってこられた。認めてもらい、ほっとしている」と安堵の表情を浮かべた。

 高島章弁護士は「市長の決断は、当然とはいえ立派な判断。まだたくさん患者がいるので、きちんと認定業務をやっていただきたい」と求めた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers