GM、電子商取引に参入

車載画面で注文、予約

米自動車大手ゼネラル・モーターズが始めた電子商取引サービスの車載画面(GM提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は5日、ダッシュボードのタッチ画面を使った電子商取引(EC)サービスを米国で始めたと発表した。飲食物の注文やホテルの宿泊予約ができるようになる。

 ECはスマートフォンを中心に利用が広がっており、GMはEC事業への参入で収益拡大を目指す。来年末から2019年半ばまでに、EC対応車を400万台程度に拡大したい考えだ。

 車でのECを巡っては米アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。