米宇宙企業、火星にスポーツカー

新ロケットで軌道投入目指す

 【ワシントン共同】米スペースXのイーロン・マスクCEOは5日までに、新しい大型ロケットの試験打ち上げを来年1月に行うと明らかにした。自身のスポーツカーを搭載し、火星軌道への投入を目指すという。

 車は電気自動車メーカー、テスラの「ロードスター」。民間企業がロケットで火星を目指すことも、宇宙空間用に設計されていない大型の物体を搭載するのも異例。

 ある米メディアは「(車を打ち上げるための)必要な承認を得ているかどうかは不明だ」と報じた。別のメディアは、マスク氏に「あれはほら話だ」と返答されたものの、別の関係者からは「本当にやる」との回答を得たと、明らかにした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers