北朝鮮船の乗員、聴取を拒否

北海道警、対応を検討

 北海道警は6日、北海道松前町の無人島、松前小島に一時避難した北朝鮮船の乗員全員が、同日予定していた任意の事情聴取に応じなかったことを明らかにした。これまでと一転して説得にも応じず、窃盗容疑で調べている道警は対応を検討する。

 道警によると、船は函館港沖にえい航され、腹痛を訴えて函館市内の病院に入院した1人を除く9人がとどまっている。道警は6日午前から事情聴取しようとしたが、船長とみられる男性が拒否した。理由を確認し、7日も聴取を試みるという。

 乗員は5日までの聴取に対して「島に誰もいないから家電を持ち出した」との趣旨の話をしていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む