品川美容外科訴訟が和解

「フェイスリフト」施術巡り

 特殊な糸で顔のたるみを取る美容施術「フェイスリフト」を受けたのに効果がなかったとして、20~70代の男女75人が全国で品川美容外科などを運営する医療法人社団「翔友会」に計約1億6千万円の損害賠償を求めた訴訟は6日、東京地裁で和解が成立した。原告側弁護団が明らかにした。

 弁護団によると、和解は翔友会が原告の指摘を真摯に受け止めて遺憾の意を示し、解決金を支払う内容。金額は公表していない。

 75人はクリニックで医師らから強く勧められて施術を受けたが、痛みなどの合併症が発生したと主張。

 翔友会は「和解に従い、誠実に医療業務に従事する」とのコメントを出した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。