阪神が金本監督と契約更新

今季2位、来季が3年目

阪神の金本知憲監督

 阪神が、今季が2年契約の最終年だった金本知憲監督(49)と来季からの新たな契約を結んだことが6日、分かった。谷本修球団本部長が報道陣の取材に対し「契約更新して、はんこをついてもらったのは事実」と明らかにした。球団関係者によると、複数年契約を結んだとみられる。

 7月に坂井信也オーナーが続投を要請し、金本監督は「こっちは意気に感じてやるだけ」と応じていた。就任1年目の4位から今季は2位浮上に導いた。谷本球団本部長は「単年、単年が勝負。ただ、そうは言いながらもあまり短期的な視点では見ていない。基本は中期でお願いしようと思っている」との方針を口にした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

CYCLE

CYCLE