サッカー、アルジャジーラ勝つ

クラブW杯開幕

オークランド戦で得点を喜ぶアルジャジーラの選手たち=アルアイン(ゲッティ=共同)

 サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)は6日、アラブ首長国連邦(UAE)のアルアインで開幕戦が行われ、開催国枠で出場のアルジャジーラが1―0でオセアニア代表のオークランド(ニュージーランド)を下した。アジア王者の浦和は9日(日本時間10日未明)にアルジャジーラと対戦し、勝てば準決勝で欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)とぶつかる。

 本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)は9日の初戦で、アフリカ代表のウィダド・カサブランカ(モロッコ)と対戦。勝てば準決勝で南米覇者のグレミオ(ブラジル)に挑む。(共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers