豊肥線代替バス、年末年始は運休 JR九州

©株式会社熊本日日新聞社

 JR九州熊本支社は5日、熊本地震による豊肥線の不通区間を補うため阿蘇市-大津町で走らせている通学者向けの代替バスについて、31日~1月3日の4日間を運休とする年末年始ダイヤを発表した。30日までと1月4日以降は通常通りに運行する。

 県が11月にバス利用者のいる県内10校へ実施した年末年始の利用調査結果をもとに、同支社が1月2、3日の利用が少ないと見込み運休とした。31日と1月1日は日曜、祝日で従来通りの運休。

 代替バスは宮地(阿蘇市)-肥後大津(大津町)間の9駅のうち、瀬田と立野を除く7駅で乗降できる。運行本数は平日15便、土曜7便。(中尾有希)

(2017年12月7日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

あなたにおすすめ