東京大会マスコット名は来夏発表

11日から小学生投票スタート

2020年東京五輪と同パラリンピックの公式マスコット最終候補3作品がお披露目され、盛り上がる児童=7日午前、東京都渋谷区立加計塚小学校

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを選定する小学校の学級単位の投票が11日にスタートする。投票は来年2月22日に締め切られ、同28日に採用作品を発表する。ただ名前は商標権のハードルが高いため、改めて実績あるプロに依頼し、来年7~8月に公表する見通しだ。

 大会組織委員会はことし8月1~14日にデザインを一般公募し、2042件の応募があった。審査では玩具、漫画、アニメなど各企業の専門家によるチェックなどで98作品を選出。その後は有識者による審査会が選考し、9月下旬に16作品、10月13日に3作品に絞り込んだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS