東京五輪への実践的サイバー演習

大会運営システムを再現

 2020年東京五輪・パラリンピックを標的にしたサイバー攻撃を撃退するため、国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)は7日、大会運営システムを再現した仮想ネットワーク環境で行う実践的な防御演習「サイバーコロッセオ」を、来年2月に始めると発表した。

 大会組織委員会の職員ら延べ520人が参加する。高度な攻撃に対処できる人材を育成することが目的で20年までに約20回実施する。大会時に想定されるサイバー攻撃を疑似的に発生させられるようにするほか、攻撃チームと守備チームに分かれて対戦する訓練形式も取り入れる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers