東レ不正、納入先にトヨタ系も

対象製品の安全確認急ぐ

©一般社団法人共同通信社

11月28日、子会社のデータ改ざん問題で記者会見をした東レの日覚昭広社長

 東レ子会社が製品データを不正に改ざんした問題で、納入先にはトヨタ自動車グループの部品大手である豊田合成や、タイヤメーカーの住友ゴム工業が含まれていることが7日分かった。不正は長期にわたっており、各社は対象製品の特定と安全性の確認を急ぐ。

 子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)が検査データを不正に書き換えて納入した企業は13社あると、東レは既に発表している。

 豊田合成は自動車部品のホースなどを製造する。自動車メーカーと連絡を取りつつ、品質上の問題がないか検証しているが、広範囲に採用されているため時間がかかるもようだ。

あなたにおすすめ