平松愛理さん、復興の神戸は誇り

来年1月に23回目の支援ライブ

取材に応じる平松愛理さん=7日午後、神戸市

 「力強く復興した神戸は私の誇り」。阪神大震災や東日本大震災の支援を続ける神戸市出身のシンガー・ソングライター平松愛理さん(53)が来年1月、神戸で23回目となる支援ライブを開く。7日、取材に応じた平松さんは「二つの被災地の懸け橋になりたい」と思いを語った。

 1995年1月17日、ツアー中だった平松さんは、テレビで火災に包まれた故郷の姿を目にした。須磨区の実家は全壊、多くの大切な友人を失った。翌2月に訪れた神戸は粉じんに包まれていた。「カラフルだった街が色を失ったように見えた」と振り返る。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る