美容医療、解約可能に

トラブル多発で法改正

 脱毛やしわ取りなどの美容医療について、脱毛サロンやエステだけでなく、医療機関もクーリングオフの対象になった。国民生活センターによると、これまでは解約に応じないクリニックも多く、消費者からの相談も多い。センターの担当者は7日、「今後は解約に応じないと違法になる。医師だからと安易に信じず、おかしいと思ったら解約を」と呼び掛けた。

 改正特定商取引法が1日に施行され、医療機関もクーリングオフの適用対象になった。契約から8日以内なら無条件で解約できる。対象となる契約は、期間が1カ月以上、5万円以上の五つの施術で、短期の施術は対象外。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

NewsPicks

NewsPicks

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。