宇野昌磨、男子SPで2位

GPファイナルが開幕

男子SP 演技する宇野昌磨=名古屋市ガイシプラザ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人、6組で争われるGPファイナルは7日、名古屋市ガイシプラザで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で初優勝を目指す昨年3位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリップ、トーループの4回転ジャンプを決めたが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、101.51点で2位となった。

 今季GP2連勝のネーサン・チェン(米国)がルッツ、フリップの4回転を降り、103.32点で首位発進した。

 ペアSPではアリョーナ・サブチェンコ、ブルーノ・マソ組(ドイツ)が79.43点でトップ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る