スター・ウォーズ:ルークも衝撃! “動く浮世絵”が登場

©株式会社MANTAN

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」来日記者会見で紹介された瀬川三十七さん作の動く浮世絵

 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(ライアン・ジョンソン監督、15日公開)来日キャストの記者会見が7日、東京都内で行われた。会場では動く浮世絵で知られる映像作家、瀬川三十七さんによる「スター・ウォーズ浮世絵動画」が披露された。ルーク・スカイウォーカー役で知られる米俳優のマーク・ハミルさんは「言葉で言い表せないほど素晴らしかった。完全に見入ってしまった。自分用にコピーをもらえない?」と興奮ぎみに語り、「衝撃のスター・ウォーズ!」と日本語で感動を表現した。

 会見にはハミルさんのほか、ジョンソン監督、カイロ・レン役のアダム・ドライバーさん、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディさんも登場。スター・ウォーズの浮世絵動画は、来日したゲストへの「衝撃」として、ジョンソン監督の合図とともに会場で上映された。上映後、ハミルさんは「フウー! ファンタスティック! 一番!」と日本語で叫び、「最後にルークが現れて、スーッと(フォースで浮世絵を)引き寄せるところがたまらなかった!」と笑顔で語った。ドライバーさんも「美しい。また違った形でこのような作品の世界観が広がって素晴らしい」と感動していた。

 「最後のジェダイ」は、新「スター・ウォーズ」3部作の第1作「フォースの覚醒」(2015年)に続く新作。前作「フォースの覚醒」は、「エピソード6/ジェダイの帰還」から約30年後が舞台で、フォースを巡る新しい“家族の愛と喪失の物語”が描かれた。ルークやハン・ソロ、レイアといった旧シリーズでおなじみのキャラクターも登場して話題となった。

あなたにおすすめ