ライオネル・リッチーら5人受賞!ケネディ・センター名誉賞

©株式会社シネマトゥデイ

受賞者の5人。(左上から時計回りに)LL・クール・J、ライオネル・リッチー、グロリア・エステファン、ノーマン・リア、カルメン・デ・ラバラーデ - ケネディ・センターにて12月2日撮影 - Ron Sachs - Pool / Getty Images

 米国で毎年開催されている「ケネディ・センター名誉賞」授賞式がホワイトハウスで行われ、歌手グロリア・エステファンライオネル・リッチーらに贈られた。

 同賞は米国の芸術功労者に贈られる格式高い賞で、「ウィ・アー・ザ・ワールド」の作曲家で歌手のライオネル・リッチー、楽曲「TURN THE BEAT AROUND」のグロリア・エステファン、ヒップ・ホップアーティストで俳優のLL・クール・J、伝説の舞踏家・振付家のカルメン・デ・ラバラーデ、テレビシリーズ「ザ・ジェファーソンズ(原題) / Jefffersons」を手掛けた脚本家兼製作者のノーマン・リアの5人が受賞した。通常、同賞は大統領から贈呈されるはずだが、今回はトランプ大統領夫妻が欠席するという異常な事態となった。

 Vanity Fair などによると、その背景には今年8月に起きた極右支持者とリベラル支持派の衝突があり、その際、極右支持者を批判することを避けたトランプ大統領に非難が集中した。これらの状況の中、受賞者の一部がホワイトハウスでのレセプションを欠席する検討をしたことから、受賞者の不参加を避けるために、意図的にトランプ大統領夫妻が欠席することで、問題を回避したようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

あなたにおすすめ