【タイ】マグノリアが複合施設開発、3千億円規模[建設]

「フォレスティアス」の完成予想イメージ(マグノリア提供)

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ系列の不動産開発会社、マグノリア・クオリティー・デベロップメント(MQDC)は7日、バンコク郊外で自然とコミュニティーの融合をうたった複合開発事業「フォレスティアス」に着手すると発表した。事業総額は900億バーツ(約3,100億円)。来年に着工し、2022年の完工を目指す。

開発用地は300ライ(48ヘクタール)で、バンコク東郊サムットプラカン県のバンナー・トラート通り沿いに位置する。住宅や商業施設、オフィス、ヘルスセンター、イノベーションセンター、ラーニングセンターなどから成り、森を周囲に配置する。

米ハーバード公衆衛生大学院が人体への影響に関するデータ収集や科学的なリサーチを担当。マグノリアは、従来にない一段上の健康的な生活を送れるとしてアピールしている。

Follow

NNAアジア経済ニュース

on

©株式会社エヌ・エヌ・エー

NNA POWER ASIA PLUS

現地企業・市場の動向は?日系企業の進出は? ――日々のビジネスに欠かせない現地発の経済ビジネス情報を、国・地域や業種に絞って情報収集をしたい方にお勧めです。

無料トライアルはこちら

Curated by

みやビズ

みやビズ