公明党、憲法調査会を再開

自民の「改憲4項目」で意見交換

 公明党が党憲法調査会(会長・北側一雄中央幹事会会長)の幹部会合を8日に再開することが分かった。憲法9条への自衛隊明記など、自民党が検討する改憲4項目に関する議論の現状を踏まえ意見交換する。来年の通常国会で改憲論議が本格化するのに備える狙いがある。

 公明党が憲法調査会の会合を開くのは今年6月以来。党幹部は「自民党で改憲論議が進む中で、いつまでもあいまいな態度を取り続けられない」と再開の理由を説明した。執行部はこれまで「自民党の議論を見守る」(山口那津男代表)と慎重な姿勢を示してきた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む