キスマイ玉森裕太:「重要参考人探偵」クランクアップ 「これから本気出そうかなってときに…」

©株式会社MANTAN

連続ドラマ「重要参考人探偵」に出演する古川雄輝さん=テレビ朝日提供

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん主演の連続ドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)がこのほどクランクアップを迎えた。全シーンを撮り終えた玉森さんは、「これから本気を出そうかなってときに撮影が終わってしまったので、残念です」と冗談交じりにあいさつし、「長いなと思いつつも、やっぱりあっという間の3カ月でした」と笑顔で振り返った。

 また、主人公・圭(玉森さん)のモデル仲間の周防斎役の「NEWS」の小山慶一郎さん、シモン藤馬役の古川雄輝さん、警視庁捜査1課の刑事で圭の元カノ・早乙女果林役の新木優子さんもクランクアップを迎え、小山さんは、「後輩である玉森と一緒にやれたというのは、すごく刺激になりました。撮影を通して最終的には先輩後輩関係なく、一人の男として玉森裕太ってかっこいいなと思いました」と玉森さんを絶賛。古川さんは、「こういう役は初めてだったんですけど、シモンを演じているときはすごく楽しくて。明日からダブルピースとかができなくなるのが寂しいです」と語った。

 新木さんは、「果林はいろんな人とのシーンが多いからこそ、すごく充実した撮影期間を過ごすことができました。自分自身もいろんな人と触れ合うことで成長できたなと思います」と振り返った。

 ドラマは、いつも死体の第一発見者となり重要参考人になってしまうモデルの弥木圭(まねき・けい)が、モデル仲間とともに殺人事件を解決していくコメディーミステリーで8日が最終回。最終回は、自分自身の過去について、大きな鍵を握るフリージャーナリストの織居和彦(瀬野和紀さん)から呼び出された圭。しかし指定された場所へ向かうと、そこには瀕死(ひんし)の織居がいた。「警察には絶対渡すな」と言われ、謎の鍵を渡されるが、織居はそのまま絶命してしまう。またしても死体の第一発見者となってしまった圭は、これまでにない厳しい状況に陥る……という内容。同日午後11時15分放送。

あなたにおすすめ